• ホーム
  • 修士会の歴史
  • 修士会の組織
  • 修士会の活動
  • 事務局案内
  • お問合せ
生命保険修士会

生命保険修士会について

 生命保険修士会は、生命保険アンダーライティング学院を卒業し、生命保険修士(SLU Senior Life Underwriter)の称号を与えられた卒業生たちの組織です。
 生命保険アンダーライティング学院の学則第15条により、卒業生は生命保険修士会に所属し、「生命保険修士」を呼称します。
 現在、第1期生から43期生まで、約500名の会員が在籍しています。

新着情報

11月合同研修のご案内

《11月合同研修のご案内》
日時:平成29年11月11日㈯ 13:00~16:15
会場:三井生命ホール(三井生命大手町野村ビル17階)千代田区大手町2-1-1

第1講座
講師:山中 敏彦 氏
演題:「I HAVE A DREAM
~元気が、あれば何でもできる!~」
13:00~14:30
HPOEそうかR&K代表

プロフィール
 埼玉県出身。94年JR東海入社。2011年脳幹梗塞となり15年退社。脳動脈乖離から四肢麻痺と運動障害性構音障害になり「閉じ込め症候群」(ロックドイン・シンドローム)診断される。手足を自由に動かすことが出来なくなったが、重度障害者意思
 伝達装置「HITACHI 伝の心(でんのしん)」を使い、コミュニケーションを取ることが可能となり、全国の医療施設、福祉施設、学校などで講演。

第2講座
講師:森宮 康 氏
演題:「社会構造の変化とリスク
―ICTと金融の世界―」
14:45~16:15
明治大学商学部名誉教授、ア学院副学院長

プロフィール
 ア学院で「リスクマネジメント論」を担当。昨年IIS(国際保険学会)でゴールドメダルを受賞。第42回修士会定時総会で受賞記念講演を行う。

 現代の社会構造に及ぼす情報通信技術(ICT)の進展は金融関係の世界にも深く影響してきています。例えば、仮想通貨、ビッグデータ、IoT、FinTech、InsTech等の用語からも頷けます。そうした社会にあってサーバー攻撃・事業中断等々のリスクがあり、その対応に関連付けて考えてみることも研修の目的に含まれます。

索引











このページの先頭へ