• ホーム
  • 修士会の歴史
  • 修士会の組織
  • 修士会の活動
  • 事務局案内
  • お問合せ
個別の記事

1月新春研修・互礼会のご案内 [終了]

20151126_map1月新春研修・互礼会のご案内
日 時:平成28年1月9日(土)
場所:三井生命大手町野村ビル
17階会議室
千代田区大手町2-1-1
※11月定例研修で使用した会場です。
生命保険協会(有楽町)ではありませんのでご注意ください!

第1部 新春研修 13:00~14:30
演題:「日本人の証明」
講師:東條 英利 氏 一般社団法人国際教養振興協会 代表理事 神社ライター
プロフィール:1972年生まれ、埼玉県出身。第40代内閣総理大臣の東條英機は直系の曾祖父にあたる。
大手カタログ通販会社に9年間勤務。その内4年間を香港で駐在。
その後、エンタメ業界に転身。社会起業家を希求し、独立の道を歩みながら、日本型社会事業の在り方を模索し続ける。2008年、日本文化・伝承の源泉となる神社・神道を学ぶ仕組み作りとして、全国神社情報専門ポータルサイト「神社人」を主宰。全国8万8千社ある神社情報の体系化を目指す。
20151126_toujyou<東條氏の想い>(東條英利氏ホームページより)
日本国は世界的にみて非常ににユニークな国家観と国民性をもっています。しかし、その理由や意味を求められると黙ってしまう方が大半です。何故なら、今の日本人は、自分には無縁の知識は豊富でも自らに関わる教養を疎かにしてきたからです。例えば、日本の祝祭日の意味や正月、盆行事といった年中行事、果たして、どこまでの日本人がその意味を理解しているでしょうか。多分、殆どご存知ではない方の方が多いかと思います。しかし、実は、自己を規定し得るアイデンティティの創出は、その関連要素である教養力に大きく左右されます。そして、それは、海外に出ても、等しく求められる能力なのです。
私は、そんな日本人に生まれたアイデンティティの源泉を探求しながら、その共有化をはかることで、自信溢れる日本社会の創出に寄与することが出来ると信じています。日本国は面白い。私たちはその一人一人がフィールドプレイヤーなのです。

第2部 互 礼 会 14:45~16:15
組織部が、皆さんに楽しく過ごして頂けるよう、企画中です。
年の始めに笑顔になって運気を上げましょう!
※申込用紙を同封しています。

このページの先頭へ