• ホーム
  • 修士会の歴史
  • 修士会の組織
  • 修士会の活動
  • 事務局案内
  • お問合せ
個別の記事

《6月特別講座のお知らせ》 [終了]

日時:平成27年6月13日. 13:00~16:30
場所:日本交通協会 大会議室 東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル9階(修士会の入っているビルの9階です)
会費:1,000円

第1部 特別講演
p_suzuki講師:鈴木 勝康 氏
   公益財団法人 生命保険文化センター代表理事
   帝京大学法学部教授
演題:「これからの生命保険」
「保険の仕事も最近いろいろ大変なことが増えてきた…」という実感の背景にある顧客ニードや社会経済状況の変化、それにともなう行政方針の変化など。皆さんが「はっきりと」、もしくは「うすうす」感じていること、そしてまだ気が付いていないことは一体何でしょうか?
 金融庁の要職を歴任され、現在は生命保険文化センターという、いわば消費者と業界の公正な接点として、消費者動向をつぶさに見てこられた組織の代表理事であり、さらには大学教授として今の若い世代と接しておいでになる鈴木
氏による、修士会のための特別な講座です。
 また鈴木氏は、ア学院の入学式・卒業式で、ア学院および修士会の意義について誰よりも深いご理解に加え愛情あふれるスピーチをくださり、いつも強烈なエールを送ってくださいます。
 そんな鈴木氏の講義に、乞うご期待!

第2部 特別対談
テーマ:「改正保険業法の読み方
     ~募集人が生き残るために知っておきたい、必要な実務上のポイント~」
p_nishikino語り手:錦野 裕宗 氏
    弁護士(中央総合法律事務所 社員弁護士 パートナー)
    金融庁 保険商品・サービス提供等の在り方に関するワーキンググループ委員
 
 
 
p_onizuka聞き手:鬼塚 眞子 氏
    保険ジャーナリスト
 民法改正にともない、保険業法も大きく変わったことはご存じのとおりです。
 では、どのような議論を経てどのように変わったのか、その精神とは・・・?
 結果だけ聞いたのではわからない、その本当のところを保険業法改正の中枢に関った錦野先生に、ここでしか聞けない貴重なお話を、2011年の一泊研修で講演いただいた鬼塚氏の巧みな話術で引き出します。
これを知らなければ、これからは自分の身を守れない!!
 実例もご紹介します。募集人必聴の講座です。 乞うご期待!

このページの先頭へ